img_0001

B.LEAGUE2016-2017開幕シリーズ国立代々木第一体育館

アルバルク東京 74-53 琉球ゴールデンキングス20160923

琉球はスタートから#5マクヘンリーを起用するも、この日も立ち上がりはA東京ペース。#13菊池、#33トロイ・ギレンウォーターが連続でゴール。琉球#5マクヘンリーのオフェンスファールも重なってしまう。その後A東京は得点を重ねるも、琉球は最後のフィニッシュでゴールが決まらない時間が続き、焦りからターンオーバーを重ねてしまう。タイムアウト後琉球は#13津山をポイントガードに起用し、1Q 残り2:57 #22モー・チャーロがようやく琉球初得点を決めるが、琉球はわずか4得点に終わる。

2Q立ち上がり、琉球#6金城がゴールを決めたあたりから、両チームのスコアが動き始める。#14岸本のこの日初ゴールも決ま流れを渡さない。要所要所で選手を入れ替えながら、琉球に的を絞らせなかたA東京がゲームを主導し、最後は#2ギャレットが2連続3pで前半を締めた。

後半、A東京はディフェンスで粘り、流れを相手に渡さず、結局最後までA東京のペースは変わらなかった。

琉球#14岸本を乗せないようなディフェンスをし、インサイドもアウトサイドも関係ないようなゲーム展開をしたA東京が勝利したと思います。#24田中 #2ギャレットのツーガード的なポジションも脅威でしたし、インサイドもバラエティーに富んでいた。#15竹内譲次の存在はもちろんのこと、#33トロイ・ギレンウォーターもシュート力があり、まさに色んな事ができるチームへと進化しました。昨シーズンのフロントコートからのプレッシャーディフェンスとは又違う、きめ細やかなディフェンスが継続できれば、東地区はぶっちぎるのではないかという予感を感じさせるゲームでした。

9月28日(水)fmGIGマンティーのバスケットボールチャンネルで選手・HCのインタビューをお届けします。

fmGIGマンティーのバスケットボールチャンネル
http://mantycorporation.com/sports/basketballchannel/

img_0028

img_0064

img_0076

img_0113

img_0170

img_0181

img_0187

img_0191

img_0201

img_0206

img_0211

img_0215

img_0220