img_9650

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(以下「B.LEAGUE」) は、当該クラ
ブ・選手に対し下記の通り懲罰を決定しましたのでお知らせいたします。

【対象試合】 2016 年 10 月 30 日(日)「千葉ジェッツ vs アルバルク東京」 (試合会場)船橋アリーナ

【懲罰対象】
1Q 残り 3:30(プレー中)
千葉ジェッツ#16 アームストロング選手と、アルバルク東京#13 菊地選手が
接触して転倒。(ファウル判定無し) 菊地選手が立ち上がり、アームストロン
グ選手を飛び越えてオフェンスへ向かう際に、アームストロング選手の足が
かかり再び転倒。
1Q 残り 3:26(中断)
起き上がったアルバルク東京#13 菊地選手は、千葉ジェッツ#16 アームスト
ロング選手に対し詰め寄って胸を合わせた際に、アームストロング選手が
菊地選手を投げ倒す。(※1)
1Q 残り 3:26(中断中)
この行為に対して、両チームのベンチメンバーがチーム・ベンチ・エリアを離
れる。(※2)
1Q 残り 3:26(中断中)
ベンチへ戻ろうとする千葉ジェッツ#16 アームストロング選手の背中を、ア
ルバルク東京#33 ギレンウォーター選手が押す。(※3)
【補足】
以下、文中のワーディングの定義は、7 ページにある「2015~バスケットボール競技規則」とあわせてご
確認ください。

(※1) 当事象に対して、千葉ジェッツ#16 アームストロング選手へディスクォリファイング・ファウル
(定義:第 38 条参照)の判定
(※2) (※1)の事象発生において、ベンチメンバーがチーム・ベンチ・エリアを出る行為はファイティング
(定義:第 39 条参照)の対象行為となり、チーム・ベンチ・エリアを出た選手は失格・退場となる。
(※3) 当事象に対して、アルバルク東京#33 ギレンウォーター選手へディスクォリファイング・ファウル
の判定

【懲罰内容】

(千葉ジェッツ)
(クラブ) 罰金50万円

(選手)
#16ヒルトン・アームストロング
→ 2 試合の出場停止と罰金 10 万円

#11西村文男 #25荒尾 岳 #31原 修太 #33タイラー・ストーン #44伊藤 俊亮
→ 戒告(※3)

(アルバルク東京)
(クラブ) 罰金50万円

(選手)
#33トロイ・ギレンウォーター
→けん責(※1)

#13菊池祥平
→厳重注意(※2)

#8二ノ宮康平 #16松井啓十郎 #20アンドリュー・ネイミック #22田村大輔
→戒告(※3)

#24田中大貴
→戒告(※4)

【補足】
(※1)アルバルク東京 #33 トロイ・ギレンウォーター選手
背中を押す行為があったが、規律委員会での審議により攻撃性は低く、アームストロング選手を
傷つける意図があったものとは認定できないため、当事情を酌量しけん責を妥当とする。

(※2)アルバルク東京 #13 菊地祥平選手
アームストロング選手との接触にて転倒し、起き上がった際にヒルトン選手に詰め寄ったが、暴行
や脅迫など明確な認定には至らず、懲罰対象外ではあるが、厳重注意を行う。

(※3)千葉ジェッツ
#11 西村文男選手/#25 荒尾岳選手 / #31 原修太選手 / #33 タイラー・ストーン選手
#44 伊藤俊亮選手
アルバルク東京
#8 二ノ宮康平選手 / #16 松井啓十郎選手 / #20 アンドリュー・ネイミック選手
#22 田村大輔選手 / #24 田中大貴選手
本来競技規則における「ファイティング」の規定趣旨、「新たな紛争・暴力行為の発生を回避する」
という規定趣旨において、チーム・ベンチ・エリアを出たものの、新たな紛争や暴力行為の発生は
認定できず、行為への加担も認定できないため、当事情を酌量し戒告を妥当とする。

(※4)アルバルク東京 #24 田中大貴選手
試合中に失格・退場の処分は受けていないものの、チーム・ベンチ・エリアを出ていることが、
B.LEAGUE 規律委員会にて認定されたため、他の選手と同様の懲罰内容とする。

【本件における大河チェアマンコメント】
試合を楽しみにこられたお客様に対して期待を裏切る行為が行われたことに対し、まずは深くお詫び申
し上げます。競技規則上、ベンチエリアを出た選手を退場させた審判の判断は妥当と言えます。
今後かかる事態が発生しないよう、改めて競技規則をチーム関係者に徹底していくとともに、審判のジャ
ッジに関して寄せられているご意見については、JBA 審判部とよく協議して参ります。

【千葉ジェッツ クラブ代表 島田慎二コメント】
改めまして、10 月 30 日(日)対アルバルク東京戦でのヒルトン・アームストロング選手の反スポーツマンシップ行為につきまし
て深くお詫び申し上げます。本日 B リーグより発表されました通り、今週末 11 月 5 日(土)・6 日(日)対仙台 89ERS 戦
の出場停止処分が下されました。本処分については、真摯に受け止め、再発防止を徹底致します。
また、当クラブからの処分としましては、本人との面談の結果、深く反省しており事の重大性も強く認識していることから厳重注
意と契約に基づいた罰金を課すことを決定致しました。よって、次回 11 月 19 日(土)のホームゲーム、対秋田ノーザンハピネ
ッツ戦より復帰させて頂きます。厳正に判断した結果でございますので何卒、ご理解の上引き続きヒルトン・アームストロング選手
の応援を宜しくお願いします。
また、5 人の退場処分選手(#11 西村文男、#25 荒尾岳、#31 原修太、#33 タイラー・ストーン、#44 伊藤俊亮)に
ついても戒告という処分となりましたが、今回の裁定を真摯に受け止めチーム全体で競技ルールを再確認してまいります。
最後に、昨日の当クラブからの 2 度にわたる発表に対して多くのご意見を頂戴いたしましたことにつきまして感謝申し上げます。
可能な限りのご意見を確認した上で、今後のクラブ運営に役立させて頂きます。

【#16 ヒルトン・アームストロング選手コメント】
I’d like to apologize for my behavior on Sunday during the Alvark game. That’s not my character. I
know everyone comes to support us. This situation will not happen again and I appreciate the
continued support. GO JETS!
日曜日のアルバルク東京戦で私が起こしてしまった行為に対し心から謝罪致します。私はあのような行為を起こすような人間
ではありません。皆様が我々を常にサポートしに来て下さっている事は知っています。あのような行為は二度と起こさないと誓いま
すし、引き続きの変わらぬサポートに感謝しております。

【トヨタアルバルク東京株式会社 代表取締役社長 林 邦彦 コメント】→ アルバルク東京ホームページより

2016年10月30日(日)に行なわれましたB1リーグ 第6節 千葉ジェッツ戦(船橋アリーナ)における第1クオーター(Q)の接触行為から
端を発した一連の行為において、弊クラブに所属する選手5名が退場となりました。

トヨタアルバルク東京株式会社は、当日会場までお越し頂いたファン・ブースターのみなさま、各種メディアを通して弊クラブを応援して
下さっているファン・ブースターのみなさま、ご支援頂いております関係各所のみなさま、スポンサー各社様の期待を裏切る行為となりま
したことに対して、心より深くお詫び申し上げます。

「コート上やコートの周囲で暴力行為が起こったときや起こりそうなときに、チーム・ベンチ・エリアから出たチーム・ベンチ・パーソナル
にはディスクォリファイング・ファウルが宣せられ、失格・退場になる」というルールに抵触した5名(二ノ宮康平選手、松井啓十郎選手、
アンドリュー・ネイミック選手・田村大輔選手、田中大貴選手)とその際に「プレイヤーあるいはチーム・ベンチ・パーソナルのファウルで
、特に悪質なファウル、はなはだしくスポーツマンらしくない行為、ふるまいに対して宣せられる」ディスクォリファイング・ファウルによ
って退場になったトロイ・ギレンウォーター選手に対する処分が、本日公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリー
グ(JPBL)から下されました。

処分内容については、弊クラブとして厳粛に受け止め、二度とこのような事態が起こらないよう、スタッフ、選手のみならず、クラブ全体で
規約・規定の遵守とスポーツマンシップの教育・フェアプレーの精神の徹底に取り組み、再発防止に努めてまいります。

この度は、主管者である千葉ジェッツ様を始め、両クラブのファン・ブースターのみなさま、B.LEAGUEに関わるみなさまには大変ご迷惑をお
かけいたしましたこと、改めて心よりお詫び申し上げます。