%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3

(※ このコーナーはできるだけ観客目線で執筆しています。玄人の方には物足りない部分もあるかと思います。そのあたりをご理解の上読んでいただけると幸いです。)

バスケットボールのルールを知ろう!

今日はヴァイオレーションです。初めて聞く方はにとっては、言葉からも想像できないと思います。一緒に考えてみましょう。

■ヴァイオレーションの言葉の意味

言葉の意味を調べてみますと、①約束事・法律などの決まり事の違反。②妨害、侵害、侵入。③神聖を汚すこと、冒涜。④暴行、強姦があります。
バスケットボールに関していえば、①の決まり事の違反に関連付けて使用されています。英語の綴りは、violationとなります。

■バスケットボールにおけるヴァイオレーション

バスケットボールにおいては、“ファウルにはならないルール違反”として定義されています。

ボールコントロールにおける違反、時間制限における違反、シュート前後のボールの取り扱いにおける違反などが挙げられます。
味方チームの選手がヴァイオレーションをすると、例外を除き、相手チームのスローインからゲームを再開します。

ファウルではないですが、相手チームにボールが献上されます。ゲームの流れを左右することもあります。
次回からは、それぞれ細かくライティングをしていきたいと思います。