今週から、わたくしマンティー・チダなりに、ターキッシュエアラインズbjリーグのゲーム見どころをお届けします。

11月第二週のカードをご紹介しましょう。

11月13日(金)     19:00

11月14日(土)     14:00

京都 - 大阪     ハンナリーズアリーナ

11月14日(土)     18:00

11月15日(日)     14:00

青森 - 埼玉     スポーツプラザ藤崎

11月14日(土)     18:00

11月15日(日)     15:00

新潟 - 福島     鳥屋野総合体育館

11月14日(土)     18:00

11月15日(日)     14:00

東京 - 富山     稲城市総合体育館

11月14日(土)     18:00

11月15日(日)     14:00

横浜 - 群馬     スカイアリーナ座間

11月14日(土)     18:00

11月15日(日)     14:00

滋賀 - 浜松     彦根市民体育センター

11月14日(土)     18:00

11月15日(日)     14:00

奈良 - 石川     天理大学杣之内第一体育館

11月14日(土)     18:00

11月15日(日)     13:10

仙台 - 岩手     ゼビオアリーナ仙台

11月14日(土)     18:00

11月15日(日)     14:00

長野 - 秋田     上田市自然運動公園総合体育館

11月14日(土)     19:00

11月15日(日)     13:00

島根 - 福岡     松江市総合体育館

私もすべてのチームのゲームを生でチェックができていないので、仕入れている情報を中心にお届けします。

今週はウエストのゲームが熱いですね。

  1. 京都 - 大阪     ハンナリーズアリーナ

私の中で、過去このカードは何かと思い出が多い。京都が初めて有明を決めた瞬間、

9.8秒残して浜口炎ヘッドコーチが何かひらめいたようにタイムアウトを要求し、ボイエットのキックアウトからクマードが3pを決めて

逆転勝利し、ブースターが喜びのあまり体育館の床が揺れたのを覚えている。私自身も、『バスケットボールチャンネル』をスタートして

有明行きに立ち会えた瞬間でした。一体感がものすごかった。

そんな思い出もあるこのカード。今シーズンは、大阪は優勝経験のある桶谷ヘッドコーチを迎え、ここまで2位につける。

浜口HC VS 桶谷HC となると、昨シーズンは、桶谷HCが岩手ビッグブルズを率いて連勝カードまっしぐらの時に

岩手県一関市に浜口HC率いる京都を迎え、京都に何もさせないまま岩手が勝利した。DAY1の時に浜口HCが『今日は完敗。』と

口にするほど、あの時の岩手ビッグブルズは盤石の強さだった。

今回は、くしくも京阪ダービーで両者は顔を合わせる。京都はモーションオフェンスで、大阪はトライアングルオフェンスで

どちらのディフェンスがより機能するかが見ものだろう。京都は#25佐藤を欠くが、このチームは誰が出てきても同じバスケットができる。

一方、大阪も桶谷バスケを知る、#7並里、#21ブラックレッジを中心に速い攻撃を仕掛ける。

京都に2シーズン在籍した#9綿貫も、古巣と戦う。古都京都で熱い戦いが繰り広げられる。

  1. 滋賀 - 浜松     彦根市民体育センター

このカードは、昨シーズンのウエスタンカンファレンスファイナルと同じカード。

浜松は#1大石の男気ショットで勝利を手繰り寄せた。

あの時と両チームとも外国人を中心にチーム編成は変わった。

ここ数試合外国人籍2人で戦ってきた浜松に、昨シーズンの優勝メンバー#22モー・チャーロが帰ってくる。

合流間もないというところがどう影響でるのか。同じく昨シーズン滋賀のメンバーだったウッドベリーも好調を維持できるかが注目。

一方、滋賀は先週の石川戦、2試合ともロースコアに終わった。得点源がしっかり決めればということだろう。特に#1岡田が

アウトサイドできっちりゴールを決められるか。勝負所できちんと仕事ができたチームが勝利に近づく。

イースタンからはこのカード

  1. 新潟 - 福島     鳥屋野総合体育館

この2チームは、相手が違ったが、開幕節でチェックすることができた。新潟は中村和雄HCを迎え、ベンチからゲームから雰囲気が一変した。

そして、#7武井を中心に面白いバスケを追求している。開幕節でも感じたが、日本人選手の出来次第で勝敗が変わる。#13小松、

#23佐藤,#32池田の働きぶりが左右しているといってもいいだろう。好調福島相手にどう挑むか。福島の2枚看板#2ナッシュ、#4狩俣を止めることが

できるかというより、この2選手以外にいかに得点を取らせないかということだろう。得点が散らばると、どこからでも得点を挙げることができ

ディフェンスもやりにくくなる。新潟のディフェンス、リバウンド、そして何より試合を通して走れるのかという部分が注目点だ。

ということで週の木曜日、金曜日にこのような投稿を実施してみます。やれる限り頑張ります。

是非会場で楽しんでください。

スポーツライター  マンティー・チダ

スポーツ実況  マンティー・チダ

fmGIG『マンティーのバスケットボールチャンネル』

 

トップページへ戻る